MAZARIBA?

「障害者と健常者が一緒に暮らす」がテーマのシェアハウス「MAZARIBA」です。

と言ってみたものの「障害者」という言葉に違和感があります。「障がい」とか「障碍」という表記もありますが、どうもしっくりきません。ここでは一般的な「障害」を使わせてもらいますが、そもそも「障害者」って、どんな人たちでしょうか?

大きく分けて、障害が「目に見える人」と「目に見えない人」がいそうです。例えば、身体が一部がなかったり、不自由だったりすると、すぐにわかりますよね。でも、耳が聞こえないという場合は、なかなか気づきにくいと思いませんか?

「障害は個性」だという声もありますが、一般的に思われている「個性」(その人の特徴)は、生活上の支障になるようなものではありません。そう考えると、その人が「何に困っているか」に注目したほうがいいのではないでしょうか?

「MAZARIBA」では、対人関係や生活環境で、どんな不便があるのか(障害が生じているか)を考えていきたいと思います。ひとりで出来ることと出来ないこと。助けあえば出来ること。それを補いあえるシェアハウスがあっても、いいと思いませんか?

障害者を助けよう、支えようと頑張るのではなく、一緒に暮らしたら、ちょっとした不便さがなくなるかもしれない。無理に助け合う必要はないけど、暮らしに不便さがあることを理解しあっている関係は、きっと心地よいはず。

MAZARIBA(まざり場)という名前は、そんなところから来ています。

建物はバリアフリーではないので、入居基準は以下のとおりです。

・自分で歩いて、自分で身の回りのことができる
・自分で働いていて、親からの支援を受けていない

これだけ見たら、障害者と健常者の差はありませんね(笑。社会や地域から生活上の支障がなくなるのが理想的だけど、まずは自分たちが暮らす場所から始めませんか?

【特徴】
・テレビやプロジェクターを利用した筆談システム
・音が鳴るのと同時に明かりがピカピカ光るチャイム
・誰が今、家にいるのがわかる在宅確認システム
・洗濯機やトイレが使用中かどうか部屋で確認できる
・ALEXA & GoogleHome対応の電球とシーリングライト

流(NAGARE)
放浪聴覚障害者

障害者が1人暮らしするには色々問題があるが例えばそれをシェアハウスでいくつか改善できるとしたらどうだろうか? 全部の問題を解決できるわけじゃないがいくつかの問題は解決できるかもしれない。とりあえず試してみてほしい。

石井 政之
作家・ユニークフェイス研究所代表

ユニークフェイス当事者にとって、まわりに理解者がいるところで生活するメリットは大きい。このシェアハウスには、マイノリティに理解のある人が暮らしている。孤独にならず、理解者と適度な距離がある生活空間として利用してみてはどうだろうか?
岡林 ひとみ
会社員(情報システム)

内田さんが運営するシェアハウスは厳しい入居審査もないし、生活上の厳密なルールもありません。その家ごとになんとなく集まる人の傾向や特徴があり、住む期間も人それぞれ。そこに集まった人どうし、そのとき、そのときで役割を変えていったり、かたちづくっていく暮らしが面白いです。




くらげ
サラリーマン・作家

障害があっても、面白いところに住んでみたい! そんな願いを叶えるスペースが川崎にオープンしました! 最近のシェアハウスは外国人や様々な職業の人が混じって暮らす社会的なダイバーシティ(多様性)の最先端として盛り上がっていますが、「MAZARIBA」では新たに「障害者」というバラエティが加わりました! 混ざっていく過程でどんな「社会」が生み出されるか、本当に楽しみにしています!
久保 亘
渋谷ハンブルコンサルタンシー株式会社 代表取締役
一般社団法人Vielfalt 代表理事

MAZARIBAを運営されている内田様曰く「都会で暮らす方の課題の半分はシェアハウスで解決できる」。MAZARIBAに来るとこれは大袈裟ではないと実感する。少なくともお金・健康・孤独の3大課題のうち、孤独感はまったく感じない。それどころか安心感が心地がいい。まさにシェアハウスMAZARIBAは社会課題を解決する社会起業だと確信しました。応援します!
鈴木 まこと
IT企業人事担当(元Meet The World 池袋 住人)

出来ること。
出来ないこと。
助けあえば出来ること。
補いあえるシェアハウス
MAZARIBA








中村 美緒
「障碍者と健常者が一緒に暮らすシェアハウス」。ふとした疑問をきっかけを元に誕生したこのシェアハウスは、日々の試行錯誤をくりかえしながら、部位や程度は違えど、両者を分けることなく住んでみようという試みです。
それぞれやり方は異なるけれど「自立して暮らす」という本質は同じ。同居者の情報交換もきっと学ぶものが多いはず。